クレジットカードのキャッシング金利について

クレジットカードは、決済に使うだけでなく、現金を必要としている時にキャッシングカードとして使えるタイプのものもあります。

キャッシング機能も利用できるクレジットカードは使い勝手がいい印象もありますが、金利はやや高めになっていることは理解しておきたいものです。

利息が高くつきますので、クレジットカードでキャッシング機能を利用する時には、注意をしなければいけません。

多くのクレジットカードでは、12%から18%の金利に設定されています。

クレジットカードによっては、キャッシングを7%の金利で使えるものもありますが、基本的には金利は高めに設定されているものです。

これに対して、キャッシング専用の金融商品は、4%~18%で融資を行う傾向があるといいます。

中でも、銀行系のカードローンは低金利での融資をしており、3%での融資が可能なこともあります。

金利の低いキャッシングを利用できれば、その分、利息波安くなり、返済総額は低く抑えられます。

高金利で融資をしている金融会社からは、できるだけ借りないようにしたいものです。

クレジットカードをキャッシングの使うのは、できるだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。特に多額の借入を希望する場合には、クレジットカードのキャッシングではなくて、カードローンの方が断然おすすめです。

この頃は、ネットからのキャッシングの申し込みがやりやすくなっていますので、ネット環境があれば真夜中でも、借り入れができます。

クレジットカードのキャッシング枠は、不測の事態にすぐに融資が受けられるという点では便利ですので、状況に応じて利用するといいでしょう。

 

メルライン 口コミ