看護師になるためには

看護師にあこがれている人は多いと思います。

そしてそのあこがれの看護師の資格を取りたいと思う人は、最終的には国家試験を受ける必要があります。

この国家試験はいきなり受験することは認められていません。

受験資格というものがあり、看護師になるための学校、すなわち専門学校、看護系の短大(いずれも3年)、もしくは大学に入り、看護に関する知識、技術を学ぶことが必要です。

 

そして、学びが終わり、始めて受験資格が与えられます。

 

今では、高校進学時点で進学先が衛生看護科というところもあり、こちらに進めば、一般の進路と比べて早く国家試験の受験資格を得ることができるので、いち早く、看護として働くことが可能です。

 

ただし、途中で進路を変えたいと思ってもなかなか容易なことではないので、自分が絶対に看護師になりたいという固い決意が必要になります。

 

さらに最短5年で受験資格を得られる分、大変な一面もあります。

それでも看護師はやりがいのある仕事なので、その道に進んだら、頑張ってほしいです。

 

看護師求人