ワキガではないけれど

今は冬ですが、これから春、夏と暖かくなっていくにつれて、ワキや汗のニオイが気になりますね。

ワキのニオイに悩む多くの人は、たいてい自分のことをワキガ体質だと思い込んでいます。
ところが、欧米では70~90パーセントの人がワキガ体質とされているのに対し、日本では10~15パーセントくらいしかいないのです。

日本人は国柄、清潔志向が高いため、本当にさほど強くにおわない、普通の汗のニオイでも、ワキガだと勘違いする人が多いのです。

では、勘違いまでしてしまうワキガの原因とはどういったものなのでしょうか。
汗を出す汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。
エクリン腺は全身にたくさんありますが、アポクリン腺はワキの下、へその周りなど、体の一部にだけ分布しています。

アポクリン腺から出る汗は、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、やや粘り気があります。
栄養分が多いため、人の皮膚に存在する常在菌が繁殖しやすく、これが発酵するときに出るニオイがワキガとなるのです。

体臭が気になる方は、こちらのURLを参照ください!
https://cieaneo.xyz