化粧品の選び方が異なる思春期にきびと大人にきび

にきびが気になる人が使う専用の化粧品がありますが、普通の化粧品とにきび用化粧品は、どこに差があるでしょう。にきび用化粧品には、大きく分けて未成年用と、大人になってから使うものとが存在します。ティーンエイジャーのにきびとは、成長ホルモンが多く分泌されることで、皮脂の量が多くなるせいでできます。そのため、皮脂を取るケアを目的とした化粧品が数多く販売されています。にきびの症状がこれ以上進まないように、菌の増殖を防ぐ殺菌成分が配合されていることも、若い人用のにきび化粧品の特徴です。また、古い角質を取り去る働きがあるサリチル酸が配合されている化粧品も多くあります。成人してからできたにきびには、サリチル酸は適していません。サリチル酸の作用で皮膚がより乾燥すると、肌の保湿力が不足してしまいます。若い人の肌はもともと保湿力が高く、皮脂の分泌も多めになっているので、サリチル酸で乾燥しすぎる可能性は低めです。しかし、大人のにきびは皮膚の乾燥が原因の一つになっていることが多いので、肌を乾燥させないようににきびケアが大切になります。肌が乾燥をすると古い角質がたまりやすくなり、たまった角質で毛穴がふさがれてしまい、にきびになってしまうのです。肌を乾燥させないように心がけ、水分をしっかり補充することが、大人のにきびケアの基本になります。自分の肌にできたにきびの状態をよく見た上で、肌に適した化粧品を選ぶようにしましょう。鼻いびき 対策