母子家庭で生活苦になったら誰に頼る?

母子家庭で生活苦に陥ってしまってどうしようもなくなってしまったという例は珍しいことではないです。

母子家庭になった原因によっても、その後の母子家庭での生活の状況は大きく違ってきます。

旦那の浮気による離婚の場合だと、旦那と浮気相手から慰謝料を取れるのはもちろんですが、旦那からは養育費をもらうことができるので、比較的安定した生活をすることができます。

ただ離婚原因が旦那の借金や経済状況によるものだったりした場合には、慰謝料を請求することもできず、旦那がまともな仕事をしてない場合には養育費すら期待することができないです。

しかし元旦那に頼れない状況だと、母子家庭になったとたんに生活が苦しくなって生活苦に陥ってしまう可能性があります。

そのため離婚する前にはある程度の経済的な見通しや住む場所などを見越して行動する必要があります。

それでも母子家庭になってから借金苦でどうしようもない状況になってしまう可能性があります。

もし借金苦で生活がどうしようもない状況になってしまった場合には早めに司法書士などの専門家に相談すると良いかと思います。

司法書士などで借金対応している専門家の多くは、無料で借金相談に応じているので気軽に相談することができます。

母子家庭の借金で生活できないなら司法書士を活用しよう