断食によるリバウンドの原因について

リバウンドしやすいダイエットは色々ありますが、特にリバウンドしやすいのは、一定期間断食をするダイエットです。スリムになるためにダイエットに力を入れてきたのに、リバウンドしてしまっては、頑張った甲斐がありません。食事の摂取量を減らし過ぎると、身体維持に必要な栄養が供給されなくなって、身体は飢餓状態に陥ってしまいます。補給される食事の量が少なくなっても、栄養不足で身体トラブルが起きることがないように、代謝の低い体にするわけです。筋肉の維持が難しくなるので、食事が少なくなると筋肉も少なくなります。消費エネルギーが減った状態のままで、断食を終えて食事を以前の内容のものに戻すと、摂取量が多くなり過ぎてしまいます。カロリー摂取量を減らしていた間は、エネルギー消費量が落とされていますので、食事量を戻すと、使い切れないエネルギーを摂取してしまいます。食事量を制限していた時に代謝が減っていると、元通りの食事量になれば使い切れないカロリーが多くなり、太りやすくなります。食事制限後にリバウンドをする原因がこれに相当します。ダイエットをした後にリバウンドのリスクがあるのは、食事の量を減らしたことで減った体重が、食事の量を戻したことで増えるからです。ダイエットを終わらせてからも1カ月程度は、食事量を元通りにするとリバウンドをするという状況がよく起きがちです。リバウンドを防ぐ為には、断食終了後に急に元の食生活に戻すのではなく、徐々に摂取量を増やしていくことが必要です。

酵素の効果